大阪の不動産仲介・不動産コンサルティング|梅田旭土地|大阪梅田周辺不動産

大阪の不動産仲介・不動産コンサルティング|梅田旭土地|大阪梅田周辺不動産

57年の歴史

大阪、梅田。この街が変わるとき、動いているのは私たちです。

JR、私鉄、地下鉄が隣接する西日本最大のターミナル、梅田。
私たち梅田旭土地の歩みは、この街の発展に取り組んできた道のりです。
そのひとつが梅田北側エリア。昭和40年代までは"裏町"のイメージが強く、商業に向かないとさえ言われたこの地域も、今では「阪急村」と呼ばれ、梅田をリードする商業施設の一大集積地。

私たちはその礎づくりに、事業計画当初から携わってきました。

街が大きく変わるとき、不動産も大きく動く。様々な事情で活用されずにいた不動産を、再び世の中にお届けする。
権利関係の複雑に絡み合った案件を、整備して甦らせる。それにより都市づくりと事業の発展を支える。
約50年間、仲介一筋。その誇りを胸に、私たちは、今日もこの街で動いています。

創業者の心は、受け継がれる。次代に。

お客様のことを、お客様の気持ちになって考える。

1955年(昭和30年)、兵庫県宝塚市に梅田旭土地の前身となる旭商会は誕生しました。
不動産仲介業の経験がなかった創業者・二宮柳吉でしたが、大手電鉄会社からの土地買収の依頼に、「駆け出しの不動産屋」として取り組んだのです。
一軒一軒の地主を回り、引き渡しの時期や条件をやっと取りまとめ、売り渡しの承諾を得ました。

ところが、買い主側の事情により、契約のゴーサインを一ヶ月以上待たされることに。
柳吉は買い主に「地主さんに約束していた手前、これ以上は待てない」と伝えたそうです。
なによりも成功させたい初仕事。
それでも柳吉はお客様との約束を一番に考えたのでした。
「不動産は信頼関係が第一で、自分のことよりも相手の立場を考えて仕事をすることが成功の秘訣である」

創業者 二宮柳吉

梅田旭土地らすくあること。それは、お客様との絆を大切にすること。

「仲介に徹する」「信用と信頼」先代から受け継いだのは、その心意気

私は銀行に勤めていました。新規顧客の開拓を担当し、お客様を自分の脚で地道に走り回っていました。縁あり、先代より会社を任された際、「人と人のつながり」「信用と信頼」が一番大切と教わり、銀行時代の経験から、先代の教えに強く賛同しました。それ以来その教えを胸に刻み、努力してまいりました。これからもお客様の利益を第一に信用・信頼して頂けるよう、精進してまいります。

会長 二宮秀造

人も、土地も、ふれあって確かめる。仲介のすべてに、責任をもちたいから。

売り主さん、買い主さんの橋渡しをする。
これがいわゆる仲介の役割です。
「土地は命なり」という言葉もあるように、大切な財産を扱う訳ですから、お客様に限りなく安心を提供できなければなりません。
不動産には複雑な案件もありますから、私たちが直接現地に行って確かめる。電話に頼らず、お客様と顔を合わせて交渉する。案件によっては契約書の一文まで弁護士さんと一緒にフォローする。

橋渡しをするその橋が、胸を張って「大丈夫です」と言えてこそ、お客様と強固な信頼関係を結ぶことができるのだと、私たちは考えています。

ページTOPに戻る

大阪の不動産仲介・不動産コンサルティング|梅田旭土地|大阪梅田周辺不動産

大阪の不動産仲介:梅田旭土地株式会社
〒530-0012 大阪府大阪市北区芝田1丁目5番6号(梅田旭ビル5F)
Tel: 06-6371-7800(代表) Fax: 06-6373-0285
E-mail: info@umeda-asahi.co.jp
  • お気軽にお問い合わせください。
  • メールでのお問い合わせは、24時間受け付けております。
(C)UmedaAsahi Tochi Co., Ltd. All Rights Reserved